<< 岡本朋久『カタチだけの結婚』kindle | main | 新潟の酒 [Kindle版] 坂口安吾を読む。 >>

居酒屋の聖人 [Kindle版] 坂口安吾を読む。

0
    居酒屋の聖人 [Kindle版] 坂口安吾を読む。

    キンドルだとこんなレアなエッセイが無料で読める。すごいなぁー。

    安吾の取手時代の居酒屋での話。

    怠け者に限ってちょっとお酒が入ると忽ち、総理大臣になってしまい始末に負えないとの云うのが安吾の意見だ。

    ただ、その頃、小説家としてスランプに陥り、作品を書くことができなかった安吾にとって

    俄かに総理大臣になられるよりも、各々、職業の第一人者になられる方が辛かっただろうとも書かれている。

    (例えば大工が酒飲んで、俺は左甚五郎に肩並べる名人だとか)

    また、仕事しないで烏アゲハを山中で探す人のエピソードも微笑ましい。

    探す人は1匹300円と思って探しており、安吾が牧野信一(20年の昆虫採集歴あり)に尋ねると3円との答えだったとのこと。

    当時の安吾はおとなしく酒を飲んでおり、周囲の人に聖人と呼ばれたり、お金をもらったりしたそうだ。

    大人しい=聖人と言う、飛躍した、非常に短絡的な図式が最後の1ページで唐突に提出されており戸惑う感じは否めない。

    まぁ、簡単にいえば安吾の『スランプでブルーだった時の居酒屋での話』です。

    しかし、題材自体は陳腐でも、やっぱり、エピソードの選び方に愛嬌があり、面白かったです。



    ↑こんな感じのゴミ屋敷の片づけも大歓迎です!




    09yFAIr9(3).gif


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << July 2017 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    JUGEMのブログカスタマイズ講座